教育ローン

各金融機関別の無担保ローンとその特徴

無担保ローンは自動車ローンや教育ローン、フリーローン等があります。

 

無担保ローン自体、担保の必要としないローンを意味し、このような無担保ローンは、公的金融機関をはじめ銀行、信販会社、消費者金融等で提供されています。

 

 

無担保ローンの例えば教育ローンなら、公的金融機関となる日本政策金融公庫等でも提供されておりますが、公的金融機関による取り扱うローンは、そもそも必要な書類の提出も多く、審査にもかなりかかります。

 

かかる場合では審査に2カ月程度かかるので、急を要する場合のローン利用には適しませんが基準の金利が低いため、後々の返済の負担等を考え場合、公的金融機関によるローンは利用にも負担なく利用出来るものと思います。

 

 

無担保ローンは都市銀行をはじめ、地方の銀行や信用金庫によるローンもありますが、こうした金融機関での無担保ローンは非常に商品自体の種類が多いのが特徴で、金利優遇等もされる事が多く、非常に自由度の高い商品となる事も特徴です。

 

また銀行の中でも最近はネット銀行による無担保ローン商品も色々とあり、こうしたネット銀行におけるローン種類も非常に多いです。

 

ただしネット銀行はネットで簡単に手続きが行える利便性の高さはありますが、通常の銀行よりは金利が高めなので、ネット銀行を利用しローンを組む場合は、一般銀行よりモ金利が高いという部分をよく確認し検討されるべきです。

 

 

この他住宅ローン等は生命保険会社でもローンが組めますが、損害保険会社等でも無担保ローンとなる自動車やフリーローン的な多目的ローンも扱っており、こうした場でローンを組めば金利は比較的低く利用する事が可能です。

 

又損害保険会社によるローンの利用には保証料込みで金利を表記される事が多くなっていますので、損害保険会社でのローン利用の際には、事前に保証料等の面も確認し検討しなくてはいけません。

 

 

この他無担保ローンを扱う金融機関は、銀行系の信販会社や信販会社、消費者金融等があり、銀行系の信販会社によるローン利用なら金利は低めですが、信販会社等でのローン利用は銀行系の金融機関をはじめ銀行と比較して金利は高く、利用出来る限度額も小さいのが特徴です。